椀伏せ入札

椀伏せ入札は札とりがよほど公正で適正な価格を判断できるひとでなければならない。例えば50万円ぐらいの刀に60万円入れた人と100万円入れた人がいる場合、公正な人は55万円ぐらいと読む。しかし90万円で読む人もいる。そうなるとその人は高い買い物をしたことになる。椀に名前を書き入れるから感情的に面白くない相手―とおもえばそういうことをやる。100万円入れた人の目がいけないということになればそれまでであるが、それでは会が発展しない。またつっかえ棒というのがある。30万円ぐらいにしかふめない刀を二人が50万円入れる。目のきかないのが60万円入れると55万円で落札されてしまう。他に、前の会で50万円で落ちなかった刀が次の会に又出る。まえの会より安く45万円ぐらいに入れるとこれが落ちる。

札を入れるときは重文注意しなければならないわけだ。とはいっても素人の鑑定会ではないからそう時間をかけてみている事は出来ない。パッと見て瞬間に判断する。このあたりが「会は商人の戦場」といわれるところだろう。会へは比較的欠点のあるものが多く出る。それをパッと見破るのだから大変である。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *