山城伝

平安時代後期以降、山城地方(京都府南部)で発生した刀匠集団による伝法。天皇や貴族の需要に応えた優雅で美しく上品な作風が特徴。
輪反りが美しく、地肌は板目肌が詰み、地沸が微塵について、光を反射し輝く。刃文は小沸が深く、刃中に足が入る。帽子は小丸に形よく返るものが多い。

 

守備前伝・・・平安時代後期以降、備前地方(岡山県南東部)で発生した刀匠集団によ る伝法。明治の新々刀期まで続く流派。各時代の流行を取り入れるのがうまく、大 いに繁栄した。 地肌は板目に杢目を交えてよく詰み、細かな地沸が厚くついている。また、眠りと呼ばれる刃文の影のような働きが出るのも備前伝の特徴とされる。刃縁の粒子は細かく輝く。帽子は乱れ込んで 小丸に返ることが多い。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *