砂鉄採取の方法

一般的な川や海などのような場所でも、砂鉄を採取することはできるわけですが、たたら製鉄に使うための砂鉄の量を一気に掘り出したいという風に考えるならば、山を思い切り切り崩してその中から粉の鉄を採取することが最も一般的な採取方法だとされています。現在でも、砂金を探して河川などを徘徊する人多いという風に言われることも多いわけですが、これと同じように、鉄を採集する際にも水よりも重く沈殿するという性質を使ってザルみたいなものを使って、振り分ける形で体臭していたというふうに考えられているようです。この方法を何度も何度も繰り返していくと、状態の良い鉄などが、最終的には残るようになり、これを集めることで、質の良い鉄に加工することができる可能性が高まると考えられているそうです。いわゆる、濃縮されている小説というものは純粋な鉄分を半分以上含んでいることも多く、加工がしやすく長持ちしやすい素材になったという風に言われていたりするようですね。一方で、このようにして山を切り開いたり川をせき止めたりして、砂鉄を採集していたりしたことによって、川をせき止めてしまった結果、水が溢れて水害が起こったりだとか、というような歴史もあるわけで、一概にプラスの面ばかりがあるわけで置いておくといいかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です