大原真守

大原真守は平安時代中期、伯耆国(ほうきのくに)の刀工です。伯耆国とは現在の鳥取県の西部に当たります。

国宝である名物「童子切」を打った大原安綱の息子だとも言われております。京都に大原という地名があり、宅跡と伝えられていますが、鳥取県に残っている大原真守の屋敷跡とは異なり、そちらは関係がないそうです。

大原真守の作刀したものでよく知られているのは二天様であり、宮本武蔵が愛刀にしていた大原真守ではないでしょうか。

刃文は直刃です。宮本武蔵が手にしていた大原真守は、宮本武蔵が考案したと言われる海鼠透かしの鍔があります。海鼠透かし鍔は宮本武蔵作の中の傑作品と呼ばれており、特徴的な形をしています。

鍔の役割は、刃の方へ手を滑らせないためのストッパーの他に、床に刀を置く時に指を離さずにすむ、反対に置いた刀を取るときにつかみやすいことなどがあるそうです。その中でも大きいのは、腰に差している状態のときに、すばやく鯉口が切れてとっさの抜き打ちに有利なことだといえるのではないでしょうか。

何かと父親の大原安綱に目が行きがちですが、大原真守にも名刀伝説があります。平家物語に記されているその伝説とは、昼寝をしていた平忠盛に大蛇が襲いかかろうとしたとき、この太刀が鞘から抜け出て大蛇を追い払ったというものです。そのため「抜丸」という名がついています。

その他にも、火事で弘前城に落雷があり、城が燃えたときその太刀だけは飛び出していき、松の梢にひっかかっていたという「綱丸」という刀があります。
日本には名武将、剣豪と名高い人物がたくさんいますが、そういう人たちと切っても切れないのが刀工という職人たちなのかも知れません。

戦うために

日本刀は武器です。なので斬った相手にダメージを与えるものでなくてはなりませんでした。

そこで武士たちは、日本刀の刃をわざとぼこぼこにする「寝刃合わせ」という作業をしていました。わざと切れ味を悪くするのだといいます。

刀の刃は、研げば研ぐほど斬れるというとそうではないそうです。もちろんある包丁などの宣伝にあるように鋭利にしておけば切れ味バツグンなのですが、人を斬る場合は少し違うようです。

あまりに砥いで鋭利にしてしまうと、刃が滑って肉に食い込んで行かないそうです。ですので、斬り込んだときに摩擦が起こるようにしておくために、刃を荒くしておくのだそうです。

その方法として盛り上げた砂の中に刃を突っ込んで数回抜き差しすることで、これが一番手っ取り早く戦場などに駆り出されたときにすぐに対応できるからです。

武家屋敷の庭などにも盛砂が用意されていたそうです。当時の武士が常に臨戦態勢だったことが伺えます。

戦闘といえば鎧兜ですが、この鎧兜に刃があたれば、刀はボロボロになります。刃こぼれはもちろん、折れたりすることもあります。

ではどうやって戦っていたというと、具足の間にできたすきまを狙って斬るのです。

西洋の甲冑と違って、武士たちの防御用の具足はすきまが多いのです。腕を振り上げたとき、走る時はもちろん、面貌という顔を守るものも、動くと喉ががら空きになってしまいます。合戦のときは、このすきまができたところを狙って斬るのです。

とはいえ、そうなるとすきまができないような防具をつけるわけで、よほどの武芸者でなければ相手を斬ることは難しくなります。

ただ、雑兵になると具足が紙製の人もいたようで、そうなると、刀の威力は発揮されてしまい………斬り殺される人も多かったかもしれません。

 

壺切御剣

天皇家には「三種の神器」と呼ばれ、永く伝え守られてきたものがあると言われているのは有名な話なのではないでしょうか。その「三種の神器」の一つが、刀剣であり「草那芸之大刀」がそれに当たると言われているのも有名な話でしょう。この剣は「八思鏡」「八尺理勾玉」と共に、遥か昔より皇位継承の証となっているようです。

しかし、天皇家にはこの「三種の神器」のほかにも、皇太子が立太子された証として授けられる剣があると言われているようです。それは、名を「査切御剣」と言い、剣の授与は、かつて時の帝であった宇多天皇が敦仁親王の立太子の際、太政大臣であった藤原基経から献上された刀を授けたというのがはじまりであるとされており、この事から慣例化されたとされています。その後、この剣の継承なしに立太子することは不可能になったとされるほど重要な剣と言われているようです。この事実は、後一条天皇が敦明親王を皇太子に立てた際、左大臣であった藤原道長が、皇太子の母が藤原氏出身の女性ではないという理由から「壷切御剣」の献上を拒否したことにうかがえるようです。天皇の外戚として、権力の独占を企んでいた道長にとって、藤原氏と姻戚関係のない天皇の誕生は歓迎できなかったとされているようです。現存している「査切御剣」は実は2代目とされており、初代は、その昔、宮廷火災で失われたとされているようです。そのあと、藤原教通に献上されたものが、2代目として受け継がれていると言われています。この2代目も、火災による損傷などを受けながらも、現在にいたっているとされているが、当然公開厳禁の宝物とされているため、どういった形状なのかといった詳細などは不明であるようです。

姫鶴一文字

上杉景勝は叔父である軍神上杉謙信の養子として家督を継ぎ、豊臣秀吉の世には徳川家康や前田利家らと共に五大老と呼ばれた大大名で、初代米沢藩主です。
この景勝は、無類の愛刀家でしたが、高い鑑識眼を備え、自ら名刀を選ぶほどでした。
彼が残した『腰物目録』に、「上秘蔵」として記されているのが姫鶴一文字で、号の由来は明らかになっていないが、伝説として不思議な話が伝わっています。

刀の磨上げを命じられた研師が、「どうか私を切ることはおやめください」と美しい姫君が懇願するという夢を2晩続けて見ます。2日目に姫の名を聞くと、「ツルと申しまする」と答えて消えていきます。
夢が気になって研師は磨上げを中止し、この刀は姫鶴一文字と呼ばれるようになったといいます。
一文字は、豪華な作風で、有名な一文字派の作品を示します。
景勝公と同様に愛刀家であらせられた明治天皇もこの華やかな姫鶴一文字をいたくお気に召していたといいます。

著名な打刀の歴史とその作者

・南泉一文字(なんせんいちもんじ)
無銘で、作者は不明です。
足利将軍家が所蔵していたころ、研ぐために立てかけてあった刀に猫が触れてしまい、真っ二つに斬れたということから、こう呼ばれるようになりました。
鎬造りで庵棟、反りは浅く、小切先は猪首ごころとなる。
刃文は、大房の重花丁子乱れである。
重要文化財に指定されています。
徳川美術館に所蔵されています。

・五月雨江(さみだれごう)
郷義弘による打刀です。
五月雨の季節にこの刀が打たれ、まるで霧のように美しいことから、こう呼ばれるようになりました。
鎬造りで庵棟、浅い鳥居反り、中切先のフクラは枯れる。
刃文は、湾れに小乱れ交じりです。
重要文化財に指定されています。
徳川美術館に所蔵されています。

・村雲江(むらくもごう)
無銘ではあるが、郷義弘による打刀だと言われています。
この刀を豊臣秀吉に見せたところ、刀身の沸(にえ)がまるで湧き出る雲(群雲)のようだと言ったことから、こう呼ばれるようになりました。
鎬造りで庵棟、中反りやや高くつき、中鋒。
刃文は、直刃ごころに浅くのたれ、互の目交じり。
重要文化財に指定されています。
個人が所蔵しています。

・分部志津(わけべしづ)
無銘ではあるが、志津三郎兼氏による打刀だと言われています。
伊勢国奄芸郡上野(三重県津市)城主の分部光嘉が所持していたことから、こう呼ばれるようになりました。
鎬造りで庵棟、中鋒。
刃文は、大乱れ、互の目交じり。
重要文化財に指定されています。
徳川美術館に所蔵されています。

年紀が二月か八月の理由

現代の日本刀を作る刀工は、その日本刀を何月に作ったとしても「二月日」と「八月日」のどちらかを年紀として記しています。そして、日本刀の柄の中の形である茎には、前年の十一月や十二月に焼き入れをしたとしても、当然のように「二月日」という彫を入れるのです。では、なぜ「二月日」と「八月日」と記すのかということを考えていきます。まず、江戸時代の末期に活躍していたと考えられ、現代で一番人気のある名工がいます。その名工の日本刀には、ほとんどに「二月日」や「八月日」と記されています。その時代の名工がつくった日本刀にも、多少例外はありますが「二月吉祥日」や「八月吉祥日」のように二月と八月が記されています。また、それ以前の時代では、神社へ奉納するような日本刀には正式に作られた年月日にちが記されている場合があります。そのような特別な記念のために作られた日本刀以外の一般的なものは、二月と八月を記したものが多いと考えられています。また、それよりも前の時代では、作られた年月日が多く記されている日本刀でも、ほとんどが二月と八月で、どちらかというと八月が多いそうです。それ以前では、二月と八月の量の差は、ほとんどなくなります。そして、さらにそれよりも前では、二月と八月に関係なくさまざまな月の年紀が記されています。

現代の刀工は、限られた一部の鍛冶を除けば、そのほとんどが八月には刀を作っていないと考えられています。八月のような猛暑で、さらに熱のこもる鍛冶は、ほとんどの刀工が休んでいるのです。しかし、二月や八月なのには、昔に書かれたある日記に、七月も八月も五行思想で考えると、金に当てはまりとても縁起がいいので、その時期に始めるのが良いというような内容があり、そこから発展していったのではないかと思います。

 

山城伝

平安時代後期以降、山城地方(京都府南部)で発生した刀匠集団による伝法。天皇や貴族の需要に応えた優雅で美しく上品な作風が特徴。
輪反りが美しく、地肌は板目肌が詰み、地沸が微塵について、光を反射し輝く。刃文は小沸が深く、刃中に足が入る。帽子は小丸に形よく返るものが多い。

 

守備前伝・・・平安時代後期以降、備前地方(岡山県南東部)で発生した刀匠集団によ る伝法。明治の新々刀期まで続く流派。各時代の流行を取り入れるのがうまく、大 いに繁栄した。 地肌は板目に杢目を交えてよく詰み、細かな地沸が厚くついている。また、眠りと呼ばれる刃文の影のような働きが出るのも備前伝の特徴とされる。刃縁の粒子は細かく輝く。帽子は乱れ込んで 小丸に返ることが多い。

椀伏せ入札

椀伏せ入札は札とりがよほど公正で適正な価格を判断できるひとでなければならない。例えば50万円ぐらいの刀に60万円入れた人と100万円入れた人がいる場合、公正な人は55万円ぐらいと読む。しかし90万円で読む人もいる。そうなるとその人は高い買い物をしたことになる。椀に名前を書き入れるから感情的に面白くない相手―とおもえばそういうことをやる。100万円入れた人の目がいけないということになればそれまでであるが、それでは会が発展しない。またつっかえ棒というのがある。30万円ぐらいにしかふめない刀を二人が50万円入れる。目のきかないのが60万円入れると55万円で落札されてしまう。他に、前の会で50万円で落ちなかった刀が次の会に又出る。まえの会より安く45万円ぐらいに入れるとこれが落ちる。

札を入れるときは重文注意しなければならないわけだ。とはいっても素人の鑑定会ではないからそう時間をかけてみている事は出来ない。パッと見て瞬間に判断する。このあたりが「会は商人の戦場」といわれるところだろう。会へは比較的欠点のあるものが多く出る。それをパッと見破るのだから大変である。

欠陥刀の値段のダウン率

欠点のある刀の値段は、その種類や大きさによって異なるが次のようなパーセントで安くなる。刃切れ80パーセント、磨り上げ、刃区おくり50。研ぎ疲れ、刃のかけだし80.刃ぶくれ、地ぶくれ50~20。鍛えわれ50~20.くち込み50~20.はだあれ40~20.匂ぎれ10.焼きくずれ40~15。これは愛刀家が自分の刀を売る場合にもそのまま通用するから参考になると思う。ところが一回に百~百五本売買される刀は、愛刀家に売られるものは五割に満たぬという。他はブローカーや違う土地での会へ出される。

同情してパスさせる審査も

―近頃は特の審査に出てくる刀の本数が非常に多くなっている。一度審査でハネられた刀がまた出てくるからですよ。ダメな刀を何回審査に出しても通らないのがほんとうですが、以前審査をしていた時は「この刀は何回目だよ。まあ多額納税者だからそろそろ勘弁してやろうや」といって通しちゃうこともありました。