演劇界で有名な日本刀

日本刀を鑑賞する中で「正宗」「村正」とは、いったいどのようなことを表しているのでしょうか。「正宗」は、鎌倉後期の名工である、岡崎正宗の一門や、本人の作品を示しているようです。鎌倉に住んでいたようですが、その後の鍛刀界に大きな影響を与えた存在であったようです。一方、「村正」は、歌舞伎などでも知られる刀であり、徳川家の因縁深い刀でもあるようです。徳川家に祟る刀とされ、その刀を抜くと血を見るといったような事柄が語り継がれてきたようです。徳川家康の祖父である松平清康が家臣の「村正」に、刀で斬殺されたことからはじまり、家康が小刀で幼少期にケガをしたことなども含まれているようです。徳川家やsうの長男である信康が、織田信長から謀反の疑いをかけられ自害を命じられた際にも村正の名が出てくるようです。このようなことがあってから「村正」作の日本刀を所持することは、徳川家に敵意を持つとさえ考えられるようになったそうです。実際には、「村正」が名刀であることから、徳川家でよく使用されていたことが、このような経緯を招いているだけであるという説が強いようですが、歌舞伎や演劇などの世界では、「村正」の存在は興味深い描写で描かれているようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です