刀づくりを区分する時代背景

日本刀の歴史を垣間見る中で、江戸時代は、日本刀の存在を分断するような大きな時代の変化であったようです。日本とうは、もちろん戦闘時の武器としての役割を担う為に生まれてきたものですが、時代によっては美術品や工芸品敵な役割も担っています。このように存在価値が変化するのは、武器を必要としない泰平な時代の日本刀は、実用的な機能を必要とされていないからであろうとも思われます。日本史の中では、関ケ原の戦いの後に、徳川幕府が生まれることとなりますが、この戦を堺に、日本刀の存在価値や、製造方法に大きな変化が生まれたのだと述べる専門家たちも多くいるようです。関ケ原の戦いの後に、徳川幕府が生まれることから、戦乱の世が、平和な社会となり、武士たちも刀を帯刀する必要性が薄れてしまったようです。刀作りの名工の技が伝承されなくなってしまったのも、このような時代背景によるものであるようです。武士の中には、このように武士たちが剣術をおろそかにする姿をみるにあたって、嘆き悲しむ者たちもいるようですが、そのような者たちの存在が、現代にまで刀づくりを推進し私たちまで伝承されてきたようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です