日本に息づく日本刀の存在

日本刀は、作られた年代によって上古刀、古刀、新刀、新々刀、現代刀などに区別されているようです。その他、年代による区別とは異なり外観から「太刀」「刀」「脇差」「短刀」などといった形で呼び名が変わるようです。その他にも、刀が反り返っている、反り返っていないなど、といったようなフォルムの異なりから「直刀」「彎刀(わんとう)」などとも呼び分けられているようです。「太刀」「刀」は、約60CM 以上のものを言うようです。「脇差」は、約30 CM から60 CM 未満のものを指しているようです。「短刀」は、約30 CM 未満のものを表しているとのことです。日本刀は日本人の魂などとも呼ばれ長い歴史の中で、時には戦いの中で、時代が変わればお祭りごとの行事の中で、その存在や働きの力を発揮してきました。 日本刀の存在の意味が大きく変わったのは、江戸時代の泰平な世が訪れた時であるなどとも言われています。それまでは戦国時代の動乱の中で刀は、武器として自分の身を守るもの、または相手を封じ込めるものとして、様々な進化を遂げていきたいようです。泰平の世の中が長らく続く江戸時代の中では、日本刀は美の象徴であったり芸術品として扱われる傾向が見られているようです。大きく時代の反映を映す鏡として日本刀は日本人と共に歴史を紡いで生きているようであります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です