武士たち

武士たちが日本刀を帯刀する意味において、武士たちの政権が武力によるものであったところが大きいようなのです。武士たちが歴史のなかで政権を握るまでは、朝廷を中心とする政治のしくみが国の中心にありました。武士という存在は、朝廷や貴族たちに仕えるなかで戦闘を職業としていたようです。武士たちは武力を手にするなかで、荘園と呼ばれる田畑の開発をするための所有地の経営者となり地域においてその権力を誇示するまでになったようです。朝廷に仕えていた武士たちは、近衛府、兵衛府、衛門府、検非違使、滝口の武士などと呼ばれていたようです。貴族や皇族に仕えていた武士たちは侍(さむらい)と呼ばれていたようです。彼らは中央政権のもと都などにいたようですが、地方にいる武士たちは、押領使、追捕使などと呼ばれていたようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。