「圧切長谷部(へしきりはせべ)」

「圧切長谷部(へしきりはせべ)」の名を耳にしたことのある方も多いのではないでしょうか。圧切長谷部は、織田信長にまつわる有名な逸話をもつ名刀とされています。作者は国重(くにしげ)。この名刀が織田信長から福岡藩主の黒田家に渡ったエピソードに関しては諸説あるようですが、織田信長と黒田官兵衛の関係性を結び付ける名刀でもあります。「圧切(へしきり)」の名がつけられた所以は、織田信長の怒りをかってしまった茶坊主が、台所に逃げ込み棚の下に潜り込んだ際に、刀を振り回すスペースがなかったことから、信長が刀をそのまま棚のすき間に差し込んで「圧切った」ことからそう呼ばれるようになったようです。日本刀についての知識をお持ちの方であれば、日本刀は本来、差し切るものではなく引き切るものであることをご承知でありましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。