日本刀の価値

骨董的価値と呼ばれるものは、そのものが、歴史的に、非常に、貴重であったり、オリジナルのものであったりする場合に、価値が生じるというもので、日本刀の場合、しっかりと手入れをしていれば、何百年も、綺麗な状態を保つことができるために、骨董的な、価値が非常に高まっていたということは、確実に言えるのではないでしょうか。もちろん、インターネットなどの、オンライン技術が発達した現代でも、骨董的価値に基づいた、日本刀の取引は盛んであるようで、一本あたり、数百万円や数億円するようなものもある、というふうに、聞いたことがあるような気がしますし、全く、その価値は衰えていない、と言えるのかもしれません。しかし、注意しなければならないのは、現在では、非常に、厳しい法律が制定されており、日本刀を所持する際には、その、法律に基づいて届出などをしなければ、絶対に、持つことができないということは、注意しなければならない、と言えるでしょう。所持すること自体に、法律が定められているということは、その、骨董的価値はもちろんのこと、その危険性も十分に認識されている、ということは、確かだと、言えるでしょう。当然のことながらに、本当は、真剣であるため、人の体などに当たってしまえば、大きな怪我を引き起こす恐れもあり、自分自身で、処理をしていても、以上に注意をしなければならないということは、間違いなく言えるでしょう。しかし、現代では、武士道を体験している様々なぶどうにおいて、日本刀を用いる場合は、模造刀を用いる、という ことが非常に多いという風に言われています。模造刀は日本刀の偽物であると考えているひともおおいようですが、決してそんなことはなく、稽古するには十分です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です