刀剣の鋒/切先の構造について解説

刀剣の鋒/切先は、刀身の先端部分にあたり刀身の中でも一番美しい部分だと言われています。刀剣の鋒/切先は、先端が尖っている構造になっていて、戦の際に的を突くことに使われるので、武器としての戦闘能力の高さを左右させる部分になります。刀剣の鋒/切先はいくつかの部位にわけることができ構造も異なります。鋒・切先のふくらは、刃先部が曲線状になっている構造になり、しっかりとしたふくらみがある刀は評価が高く、刃こぼれを起こした際に悪い研ぎ方で刀を研いでしまうと曲線が失われることになり評価が落ちる傾向にあります。鋒・切先の帽子の刃文の部分の構造は、刀工や流派によって違いがあり、焼き入れの仕方によって紋様がさまざまになります。鋒・切先の帽子は、重ねが薄く焼き入れの難易度が高く、均等に火入れをするには高い技術が必要になります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。