頑丈な刀と言われる「大典太光世」

「大典太光世(おおでんたみつよ)」は、加賀百万石の前田家に伝わる家宝の刀であるようです。前田家に伝わった経緯は、よく分かっていないようですが、足利家の家宝であった「大典太光世」が、その後、豊臣秀吉の所有となり、前田利家に譲られたのではないかと考えられているようです。 利家の四女である豪姫が、病に臥せっていたところ回復の見込みがないことから、秀吉に相談し「大典太光世」を枕元に守り刀としておいてみたところ、病気が回復し、秀吉に「大典太光世」をお返しすると、みるみるうちに豪姫が床に伏せってしまったというような逸話があるようです。その後、再度、秀吉から「大典太光世」を借りてくると、豪姫が元気になることから秀吉は、利家に刀を譲ることを決心したようです。この話は諸説あるようですが、「大典太光世」が、前田家に渡ったことは、確かなことであるようです。「大典太光世」は、現在、前田家の家宝を管理する前田育徳会によって保管されているようです。

刀工・金道

日本刀の新刀の刀工で金道というのは、江戸時代初期の山城国の人だそうです。金道の初代だそうです。濃州兼道の子供だそうです。三品氏。本国は美濃国だそうです。永禄二年に、二条関白晴良に従って、弟の和泉守金道、丹波守吉道、越中守正利らと上京したそうです。西洞院竹屋通下ルに住んでいたそうです。朝廷の御用を務めて、伊賀守を受領したそうです。大阪の陣では、徳川家康の命を受けて、京中の鍛冶を動員して一〇〇日間に一〇〇〇振りの太刀を打ち上げたそうです。「日本鍛冶惣匠」の号を許されたそうです。また、以後代々の金道は刀工の受領の仲介をしたそうです。金道の二代目は、茎に「菊紋」と「日本鍛冶惣匠」を刻するそうです。三代目の金道は、三十歳のときに伊賀守を受領したそうです。和泉守金道の初代は、濃州兼道の子供だそうです。和泉守金道の五代目の遺例は亨保十五年紀があるそうです。清重という日本刀、新刀の刀工は、江戸時代前期の長門国の人だそうです。新刀期の二王派だそうです。清尭というのは、江戸時代初期の武蔵国の日本刀の新刀の刀工だそうです。本姓は小野だそうです。通称は野田善四郎。本国は三河国だそうです。大御所徳川家康に仕えて、駿府で鉄砲を鍛錬したそうです。その後、刀工に転じて、繁慶と名乗ったそうです。清宣というのは、江戸時代初期の美濃国の刀工だそうです。清宣の初代となるそうです。加茂郡平賀に住んで平賀関と称していたそうです。清宣の二代目は寛文年間から延宝年間まで作刀したそうです。清平というのは、江戸時代前期の加賀国の日本刀新刀の刀工だそうです。兼若初代の四男だそうです。承応二年に江戸に出て、寛文二年ごろに、小田原藩主因幡正則に仕えていたそうです。

刀剣所持の法律

日本刀を手に入れた後に、銃刀法違反にならないかという心配をする人もいるかもしれません。銃刀法というと、銃と刀という漢字が入っているために、どちらも持っているだけで法律違反になってしまうのではないかと思われるかもしれませんが、実際その扱いは両者で全く異なります。まず、銃砲に関しては「銃を持っている人間そのもの」が管理されている状態です。警視庁が管轄しており、銃砲を持つためには警察での講習・病院での診断書の提出などの手続きを踏む必要があります。手続きをクリアしたとしても、保管に関して厳しい規制があります。また、正当な理由がない限り、携帯することは禁止されています。一方で刀剣の方は、人間の方ではなく「刀剣そのもの」が管理の対象とされています。文部科学省の指示のもとにある、それぞれの都道府県の教育委員会が管轄しています。美術刀剣として許可をされて登録されている刀剣には、必ず登録証が付いています。この登録証さえあれば、どんな人であっても刀剣を所持することが許可されています。また、売買をすることや持ち運びをすること、保管場所についても規制を受けていません。逆に、この登録証がない刀剣に関しては、銃刀法違反の法律に抵触していまいます。とは言え、美術品としての刀剣であってもあくまで刃物と言える物です。また、全ての人が日本刀を愛好するわけではなく、刀自体を怖がる人ももちろんいるでしょう。美術刀剣の用途は、「鑑賞」をすることにあります。そのため刀を腰に差して歩くことや、公の場で刀を抜くことは絶対に許されません。刀で人を傷つけることも論外です。正しく刀剣を扱って、他人に迷惑をかけないように愛好していきましょう。

弁慶の大薙刀「岩融」

歴史上の架空の人物ではないかとも言われている武蔵坊弁慶が、持っていたという大薙刀「岩融(いわおとし)」は、 大変大きな薙刀であったようです。その極端すぎるほどのダイナミックさから、架空な人物であったのではないかというような人々も多くいるようです。源義経の家来であった弁慶は、比叡山の延暦寺を追い出されたような荒くれ者としての経歴をもつ人物ではあります。鎌倉時代の「吾妻鏡」にも登場するそうですが、現代においても専門家たちによって、その信憑性が問われているそうです。歌舞伎の「勧進帳」などでも、知られる義経と弁慶の美談のエピソードですが、あとの時代に尾ひれのついた脚色した形で、人々に広まったのではないかと言われています。源義経が自害したとされる短刀「今剣」も行方不明でありますが、弁慶の大薙刀「岩融」も現存しません。「岩融」は、刀身の部分だけで1メートルほどの長さがあったと言われていることから、弁慶の存在はフィクションではないかととも考えられているようです。上の人物とともに語られる、刀剣たちは、歴史上に起こった事柄の出来事を語り部として語ってくれるようです。

兵庫鎖太刀の変遷

武家が抬頭していた時期には、刀剣の外装も豪華に発展していきました。しかし残念ながら、現存する作品は非常に少ないと言われています。その中でも、この時代の推移を考えるための資料として、兵庫鎖太刀が挙げられます。この兵庫鎖太刀は、佩刀するために鎖を使っていることから、名付けられました。これは三島大社に伝来したもので、柄などの金具に金工技術を駆使して鳥の群れを表した華麗な作品です。武家が政治的な権力を持ち出すと、自然と武家の中でも身分差が生まれていきました。その中で、高い地位を占める武士は、刀剣外装の豪華さによって位を見せました。兵庫鎖太刀も、鞘を長覆輪と金銅板でかぶせてある豪華な装飾様式の太刀であり、威厳を見せるという役割を担っていました。しかし、鎌倉時代の後半になると、神社の奉納用として刀が製作されるようになりました。理由は2つあり、1つは兵庫鎖太刀自体、制作費がかさんでしまったからです。経済的に難しくなったということが理由です。もう1つは、位の高い武家しか佩刀できなかった高級太刀であった、すなわち最も高価で貴重なものは神前に捧げるべきという考え方に変わっていったことが理由です。時代が下っていくにつれて、武家は財力がなくなっていき、刀自体も簡略化されていったと考えられています。兵庫鎖太刀の現存する奉納例としては、文兵庫鎖太刀、三鱗紋(みつうろこもん)兵庫鎖太刀、鶴丸文兵庫鎖太刀などがあります。刀身から読み取れる限りでは、春日大社や東京国立博物館、丹生都比売神社にあるものは実用性を重視している兵庫鎖太刀、熱海神宮や厳島神社にあるものは、奉納用として作られた兵庫鎖太刀であると考えられています。

「太刀と刀」剣道はどっち?

日本刀の資料を調べていますと、「太刀(たち)」と呼ばれる関連ワードが出てきます。「太刀」と「刀」は同じもを示すのでしょうか?日本刀の歴史の中で、比較的初期に登場するのが「太刀」になるようです。「刀」は、鎌倉時代の中期頃に出現しはじめた日本刀ではないかと言われています。その後、日本刀というと「刀」を示すようですが、それぞれには、特徴がありあmす。太刀は、刀の部分をしたに向けて腰に吊るしますが、刀は、刃の部分を上に向けて帯に差すようです。また、日本とうには、「表」と「裏」があるようなのですが、基本的には、芸術品や工芸品として鑑賞する際には、「表」から鑑賞することが望ましいです。また、「太刀」 の特徴として、馬に騎乗することによって戦闘時に使用されていたようです。現在の剣道や居合いの中で使用されているものは「刀」がモデルとされているようです。 鎌倉時代に登場した「刀」は、安土桃山時代になると一般的となり、太刀はイレギュラーな存在となっていったようです。

刀づくりを区分する時代背景

日本刀の歴史を垣間見る中で、江戸時代は、日本刀の存在を分断するような大きな時代の変化であったようです。日本とうは、もちろん戦闘時の武器としての役割を担う為に生まれてきたものですが、時代によっては美術品や工芸品敵な役割も担っています。このように存在価値が変化するのは、武器を必要としない泰平な時代の日本刀は、実用的な機能を必要とされていないからであろうとも思われます。日本史の中では、関ケ原の戦いの後に、徳川幕府が生まれることとなりますが、この戦を堺に、日本刀の存在価値や、製造方法に大きな変化が生まれたのだと述べる専門家たちも多くいるようです。関ケ原の戦いの後に、徳川幕府が生まれることから、戦乱の世が、平和な社会となり、武士たちも刀を帯刀する必要性が薄れてしまったようです。刀作りの名工の技が伝承されなくなってしまったのも、このような時代背景によるものであるようです。武士の中には、このように武士たちが剣術をおろそかにする姿をみるにあたって、嘆き悲しむ者たちもいるようですが、そのような者たちの存在が、現代にまで刀づくりを推進し私たちまで伝承されてきたようです。

演劇界で有名な日本刀

日本刀を鑑賞する中で「正宗」「村正」とは、いったいどのようなことを表しているのでしょうか。「正宗」は、鎌倉後期の名工である、岡崎正宗の一門や、本人の作品を示しているようです。鎌倉に住んでいたようですが、その後の鍛刀界に大きな影響を与えた存在であったようです。一方、「村正」は、歌舞伎などでも知られる刀であり、徳川家の因縁深い刀でもあるようです。徳川家に祟る刀とされ、その刀を抜くと血を見るといったような事柄が語り継がれてきたようです。徳川家康の祖父である松平清康が家臣の「村正」に、刀で斬殺されたことからはじまり、家康が小刀で幼少期にケガをしたことなども含まれているようです。徳川家やsうの長男である信康が、織田信長から謀反の疑いをかけられ自害を命じられた際にも村正の名が出てくるようです。このようなことがあってから「村正」作の日本刀を所持することは、徳川家に敵意を持つとさえ考えられるようになったそうです。実際には、「村正」が名刀であることから、徳川家でよく使用されていたことが、このような経緯を招いているだけであるという説が強いようですが、歌舞伎や演劇などの世界では、「村正」の存在は興味深い描写で描かれているようです。

砂鉄採取の方法

一般的な川や海などのような場所でも、砂鉄を採取することはできるわけですが、たたら製鉄に使うための砂鉄の量を一気に掘り出したいという風に考えるならば、山を思い切り切り崩してその中から粉の鉄を採取することが最も一般的な採取方法だとされています。現在でも、砂金を探して河川などを徘徊する人多いという風に言われることも多いわけですが、これと同じように、鉄を採集する際にも水よりも重く沈殿するという性質を使ってザルみたいなものを使って、振り分ける形で体臭していたというふうに考えられているようです。この方法を何度も何度も繰り返していくと、状態の良い鉄などが、最終的には残るようになり、これを集めることで、質の良い鉄に加工することができる可能性が高まると考えられているそうです。いわゆる、濃縮されている小説というものは純粋な鉄分を半分以上含んでいることも多く、加工がしやすく長持ちしやすい素材になったという風に言われていたりするようですね。一方で、このようにして山を切り開いたり川をせき止めたりして、砂鉄を採集していたりしたことによって、川をせき止めてしまった結果、水が溢れて水害が起こったりだとか、というような歴史もあるわけで、一概にプラスの面ばかりがあるわけで置いておくといいかもしれません。

衝撃工学でみる物打ち

千年以上にわたって、命を掛けた道具としての太刀や刀。

それぞれの刀によって最も截断に優れた場所というのは、違ってくるかと思います。

それらの物打ちの位置を調べる簡易的な方法として、刀装した刀身を叩いて打撃音から判断する方法が知られているそうです。

横手筋の下あたりから木片の角などで、はばき元に向かって少しずつ位置をずらして軽く叩いていくそうです。「コン」と澄んだ音が聞こえる位置が物打ち位置だそうです。ただし、振動工学から見た定番振動の節(せつ)を調べることに相当するものだそうです。過度応答を含む衝撃応答実験とは多少違う結果が出てくるそうです。けれども多少の違いがあったからといって、とてもわずかなものだそうです。なので、これを有効な手段としてもいいそうです。日本刀の物打ちの部位としては、野球のバットにたとえるとバットの芯(スイート・スポット)に相当すると考えられるそうです。バットの芯は、ボールを当てるとだいたいの位置を知ることができるそうです。プロ野球の人が、気が遠くなるほど素振りをしたり、打撃練習をしているかと思いますが、武士も物打ちの部位を知るために延々素振りをしたのかもしれないと思うと面白いです。また、野球のバッドも計算上、芯を厳密に知るということができないそうです。そのバッドを使う人次第になるということでしょうか。日本刀と同じですね。

「バッドの回転中心を握り、打撃中心で打てば、ボールの飛距離が最大になり、手に力がほとんど掛からず、手もしびれない」と言われているそうです。

ただ研究者からすると、バッドは衝撃によって変形するということもあり、実際とは少し違うのだそうです。

また、バッドは持った時と置いた時と芯の位置はほとんど違いがないそうです。